• モンブランの歴史

    モンブランのボールペンというと、男性に人気のあるブランド品になるのですが、このモンブラン ボールペン には長い歴史があります。
    この長い歴史がモンブランのボールペンの魅力を引き出すための役割をしてくれていると言っても過言ではない形になっています。
    まず、モンブランの始まりですが、1906年となっており、この時期にクラウス・ヨハネス・フォスが事業を引き継いで、Montblancという名前がうまれた形となっています。

    そして、1908年にはインダストリアル・パレスに本社を置いて、商業登記対応されています。
    これが本格的なモンブランのブランドの始まりで、高級な万年筆を生み出す過程となっています。
    さらにインクの染みがないように1909年には仕様を考えられており、使用する側の立場に立って開発している場面もあります。

    また、1910年にはアイコン的名称でMontblancのボールペンが販売されるなど、本格的な活動がされています。
    さらに、1913年にはモンブランの中でもホワイトスターのマークが登場するなど活動は本格的な物となっています。
    ブランドの誇りを示すものとしてホワイトスターが生まれたわけですが、さらに1924年には神話が登場しています。

    1920年には変換の時代を迎えて、3Dを活用してMontblancというブランド名を3Dで表示して飛行機で広告を行う対応をしています。
    このような形でMontblancはどんどん成長して、現代ではさらに人気のあるブランドとして大活躍しています。

    close